東海大が74度目V

 首都大学野球秋季リーグは16日、浦安市運動公園で行われ、東海大が日体大を2―0で下し、5勝3分け1敗のポイント6・5として2019年秋以来となる74度目の優勝を果たした。11月1日開幕の関東地区大学選手権の出場権を得た。

 東海大野球部は昨年10月に部員の大麻使用が発覚。秋季リーグ戦を辞退し、3カ月の対外試合禁止処分も受けた。門馬主将は「不祥事があってゼロからのスタートだった。1年間苦しかったが、頑張りが報われた」と感慨に浸った。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR