首相、原油高で対応指示

 岸田文雄首相は18日、原油価格の高騰を巡り、松野博一官房長官に対し経済財政担当相、経済産業相、農相、国土交通相と連携して対応するよう指示した。具体的には(1)原油市場の動向、国内産業と国民生活への影響を注視(2)主要産油国への増産働き掛け(3)関係業界への必要な対応の機動的実施―の3点。官邸で記者団の質問に答えた。政府は、同日午後3時から関係閣僚会議を官邸で開催する。

 首相は、レギュラーガソリンの平均小売価格が先週、1リットル当たり162円超の7年ぶりの高値を記録したことに言及。「主要な産油国への増産の働き掛けがまず大事だ」と強調した。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR