減税日本、候補擁立せず

 名古屋市の河村たかし市長は18日の記者会見で、自身が代表を務める政治団体「減税日本」から衆院選に候補擁立を目指したものの、断念したと明らかにした。「新しい政治勢力をつくらないといけなかったが、なかなかうまくいかなかった。残念極まりない」と述べた。

 関係者によると、河村氏は自身が愛知県内の選挙区から立候補し、野党系無所属の上田清司参院議員が結成を模索した新党と連携することも検討したという。

 河村氏は会見で、衆院選で特定の政党を支援するかに関し「全くしないのか、個人を応援するのか決めていない」と述べた。

PR

PR