政府、主要産油国に増産を要請

 政府は18日、原油価格の高騰を受けて関係閣僚会議を開き、主要産油国に増産を働き掛けることを確認した。輸送業や農業、漁業など燃料を多く消費する業界への対策、国内影響の実態把握も進める。松野博一官房長官は「国民生活や産業に支障が生じないよう機動的に対応する」と述べた。

 萩生田光一経済産業相は会議終了後に取材に応じ、11月上旬に開催予定の石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国による会合「OPECプラス」までに、増産を「しっかり働き掛ける」と強調した。

 原油価格は、新型コロナウイルス流行からの経済回復などを背景に高騰している。

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR