コロナ病床、970増求める

 厚生労働省は19日、国立病院機構と地域医療機能推進機構に対し、新型コロナウイルス患者向け病床を2割以上増やすよう、法律に基づき初めて要求した。日本赤十字社などほかの法人にも同日、協力を要請。流行「第6波」が想定される冬場までに、所管する公的病院の合計で970以上の増床を見込む。

 両機構の確保病床数は、第5波で入院患者数がピークだった9月1日時点で計約3200。この2割に当たる640以上の増加を求めた。19日付の通知で「一般医療の制限を視野に入れ、重症用病床の確保に特段の配慮をすること」と明記。11月22日までに具体的な対応内容を回答してもらう。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR