柔道、佐々木V「一番いい結果」

 柔道のグランドスラム・パリ大会で男子81キロ級を制した佐々木健志が19日、帰国して報道陣のオンライン取材に応じ「結果にこだわっていたので、一番いい結果を残せて安心している」と感想を語った。

 東京五輪銅メダリストら強豪と対戦した5試合で全て一本勝ち。五輪代表を逃した悔しさから成長し、パワフルな柔道で強いインパクトを与えた。「勝つために何が必要か、以前より考えられるようになった」と手応えを深めた様子だった。

 日本で見守った女子の増地克之監督は48キロ級で20歳の古賀若菜ら優勝した3選手について「自分の力をしっかり発揮した」と評価した。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR