中国、ネット企業の監督を強化

 【北京共同】中国の習近平国家主席は18日の共産党内の学習会で「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大インターネット企業による独占行為の取り締まりを強めるよう、改めて指示した。デジタル分野で国際競争力を高める考えも示した。中国政府が19日発表した。

 習氏は「デジタル経済の多角的な監督管理システムを確立する」と強調。「プラットフォーマーの独占や資本の無秩序な拡張を防ぐ」と述べた。中国は電子商取引(EC)最大手アリババグループなどへの締め付けを強めている。

 一方で習氏は、デジタル分野は「新たな国際競争の重点領域だ」と指摘し「未来の発展の要衝を制するべきだ」とした。

PR

PR