『季刊のぼろ‐春号』  西日本新聞社 編  (夏、秋、冬号は本体価格952円、春号は同926円)

 春本番。野遊びの季節がやってきた。九州密着の山歩き専門誌「季刊のぼろ」の春号の特集は、「あの花に出逢(あ)う山」。ページをめくるたびに、かわいく美しい花が登場。あっちの山、こっちの山で咲き競う春の花を追っかけてみよう。

 「春号」の発行で、昨年6月に創刊した「のぼろ」は四季を一巡した。「夏号」は登山愛好家が大好きなくじゅう特集。「秋号」は美しい紅葉と九州各地の「富士山」を紹介。「冬号」は、気軽に自分なりの登り方が楽しめる身近な低山を特集しており、バックナンバーも好評発売中だ。全巻にわたって、入門者向けのQ&Aや、山に関するエッセーも充実している。

 《A4判変型。夏、秋、冬号は本体価格952円、春号は同926円》


=2014/04/13付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ