木村情報技術がオンラインの参加者同士が自由な会話を楽しめるリモート・イベントツール「Remo Conference」の提供と運営支援を開始

木村情報技術株式会社(本社:佐賀県佐賀市、代表取締役:木村隆夫、以下 木村情報技術)は、リモ・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ホーイン・チェン、以下 リモ・ジャパン)とパートナーシッププログラム契約を締結し、あらゆるオンラインイベントにおいて参加者同士の自由な交流を実現する「Remo Conference」の提供と運用支援を開始いたします。

Remo Conference提供の目的

木村情報技術では、創業よりインターネットを利用したライブ配信、Web講演会運営・配信サービスをご提供し、年間3,000件を超えるオンラインイベントを実施しております。
昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大により、セミナーや講演会以外でも多くのイベントのオンライン化の相談をいただいており、参加者同士の交流・コミュニケーションをさらに実現したいというご要望も多くいただきました。

そこで、木村情報技術では、オンライン上で発生する交流やコミュニケーションの課題を解決する手段の1つとして、リモ・ジャパンが提供する「Remo Conference」を活用し、当社の配信サービスである「3eLive」と組み合わせることで、参加者同士が対面に近い形で会話・交流ができる新しい形のオンラインイベントを提供いたします。


活用シーンとして講演会後の情報交換会やオンライン学会での交流、ポスターセッションでの活用、また、オンライン展示会、就職イベントなど様々なオンラインイベントを想定しております。
Remo Conferenceについて

『Remo Conference』は、参加者同士による自由な交流を実現するリモート・イベントツールです。高いカスタマイズ性を備えた『Remo Conference』で、主催者は目的に合わせたオンラインイベントを開催でき、参加者は会場内の「テーブル」を自由に移動し、まるで対面で会っているかのような、リアルな交流を体験します。またブラウザベースでインストールも不要で、パソコン一つで簡単に始めることができます。世界122カ国以上で利用され、日本でも多くの方にご愛用いただいております。
【木村情報技術株式会社について】
木村情報技術は2005年の創業以来、医療分野を中心としたWeb講演会運営・配信サービスのパイオニアとして、地方の医師への新薬情報の円滑な提供等行ってまいりました。数千人~数万人規模の映像配信ができ、Web講演会運営・配信の売り上げシェアNo.1※1を誇ります。
2020年11月より、サッカーJ1「サガン鳥栖」のユニフォーム(胸)スポンサーに就任。
※1 株式会社富士経済「2020年 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望」より

社名(商号) : 木村情報技術株式会社 (英文:Kimura Information Technology Co., Ltd.)
設 立 : 2005年7月
資本金 : 5,000万円
代表者 : 代表取締役 木村 隆夫
会社HP:https://www.k-idea.jp/
※Web講演会運営・配信サービス「3eLive」サイトはこちらhttps://www.k-idea.jp/3elive/

【リモ・ジャパン合同会社について】
Remoは、参加者同士による自由な交流を実現するリモート・イベントツールRemo Conferenceを提供する米国を本社とするソフトウェア開発会社です。Remo Conferenceは世界122カ国以上で利用され、日本でも多くの方にご愛用いただいており、2020年12月に日本の現地法人を設立し、日本本格進出をしております。

会社名 : リモ・ジャパン合同会社
本社所在地 : 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町5番1号 第1平和ビル3F
代表者 : 代表取締役 ホーイン・チェン (章 浩然)
設 立 : 2020年12月
URL  : https://jp.remo.co/
<本件に関する報道関係者様からのお問合せ先>
■木村情報技術株式会社 PR部 / 担当:田中正隆 ・ 山本久美子
TEL:0952-31-3901 FAX:0952-31-3919 E-mail:toi@k-idea.jp
〒849-0933 佐賀市卸本町6-1

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR