中国の対日印象が悪化

 日本の民間非営利団体「言論NPO」と中国国際出版集団は20日、両国で実施した共同世論調査の結果を発表した。日本に「良くない」印象を持つと答えた中国人は前年比13・2ポイント増の66・1%と悪化した。言論NPOは、米中対立の激化や、歴史問題が原因としている。

 日本の印象は2013年から改善傾向にあった。印象悪化の理由で、「政治家の言動が不適切」と答える中国人が8・7ポイント増加。「外交での米国追随が理解できない」との回答も目立った。

 言論NPOの工藤泰志代表は「官民とも交流が減り、対立ばかりに焦点が当たってしまった」と指摘した。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR