英女王、公務訪問取りやめ

 【ロンドン共同】英王室は20日、エリザベス女王(95)が20~21日に予定していた英領北アイルランド訪問の公務を取りやめたと明らかにした。「女王は数日間静養するため、医学的助言を不本意ながら受け入れた。元気だ」としている。英メディアが報じた。

 英PA通信は、訪問取りやめは新型コロナウイルスに関係してではないとみられると報道。女王はロンドン郊外のウィンザー城で静養しているとも伝えた。

 BBC放送によると、北部グラスゴーで今月末に始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)には、出席する意向という。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR