豪政府板挟み 「排出削減」高まる圧力 一方で化石燃料が経済下支え

 【シドニー時事】オーストラリアのモリソン政権が、温室効果ガスの排出削減をめぐる対応で頭を抱えている。2050年までの実質ゼロ排出目標を掲げるよう国際圧力にさらされているが、与党内には反対意見が根強い。資源大国の豪州は石炭など化石燃料が経済の屋台骨を支えており、脱炭素を急速に進めれば大きな打撃となり...

残り 548文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR