独り踏ん張って生きる「老人」の美しさ 弁当配達して10年撮影

 10年間にわたり、高齢者専門の弁当配達のアルバイトをしながら、配達先の日常を撮り続けた写真家の福島あつしさん。写真集「ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ」(青幻舎)を発表し、写っているのは「生きることの美しさと力強さ」と話す。

 独り暮らしの高齢者の安否確認も担うこのアルバイトに出合ったのは、...

残り 846文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR