冬の電力不足回避へ

 経済産業省は21日、冬の電力やガスの需給切迫に備え、液化天然ガス(LNG)が不足しないよう対応を協議する官民連絡会議の初会合を開いた。会議では大手電力がLNGの在庫が過去5年で最高水準にあると報告。経産省は今冬の需給切迫は回避できるとの見通しを示した。想定以上の需要拡大などに備え、在庫動向の監視を継続する方針も確認した。

 10月半ば時点のLNG在庫は約230万トンで、昨年同時期と比較して約70万トン多い。ガス事業者の在庫も例年を上回る水準という。保坂資源エネルギー庁長官は会議で「現在の在庫水準であれば、厳しい寒さとなっても需給逼迫は回避できる」と述べた。

PR

PR