有明海で養殖ノリの種付け始まる

 有明海の秋の風物詩、養殖ノリの種付けが21日、福岡、佐賀、熊本の3県で解禁され、ノリ漁師らが設置した赤や緑の網で海面が鮮やかに彩られた。初摘みは11月下旬を予定し、品評や入札を経て出荷される。

 21日早朝、佐賀県の漁港からは計700隻以上の船が出航。沖合の養殖場に着いた漁師らは、小さな船で支柱の間を通りながら、ノリの胞子が付いたカキ殻をぶら下げた長さ約18メートル、幅約1・5メートルの網を広げていった。

 8月の大雨で海には流木や土砂が流れ込んだが県などが撤去。佐賀県有明海漁協は今年の目標を生産量18億枚、売上高216億円と定め、19年連続日本一を目指す。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR