パナ、欧州のテレビ生産撤退

 パナソニックが欧州でのテレビ生産から撤退することが21日、分かった。チェコにある欧州唯一の工場の操業を2022年3月末で止める。外部に生産を委託し、欧州での販売は継続する。中国や韓国メーカーに押されてテレビ事業の収益性が落ち込む中、生産拠点を絞り込んで立て直しを図る。

 チェコの工場は1997年にテレビ生産を開始した。年間の生産台数は100万台前後とみられる。関連する従業員は約400人で、大半は解雇する。同じ敷地内での暖房機の生産は継続する方針。

 パナソニックはテレビの生産能力縮小を急いでおり、8月にはブラジルでの生産を年内に終えると公表した。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR