感染再拡大でも銀行は「頑健」

 日銀は21日、コロナ感染が再拡大したり、米金利が急上昇して新興国の成長が鈍化したりする場合でも、地方銀行や大手銀行の自己資本比率の低下は一定程度に抑えられ「金融システムは相応の頑健性を備えている」との見解を示した。一方、大手銀行を中心にリーマン・ショック級の金融危機が生じた場合の自己資本比率の低下を警戒した。

 「金融システムリポート」で公表した。コロナ変異株が猛威を振るったり、米金利が1%上昇し新興国で資本の流出圧力が強まり成長が鈍化したりすると銀行の自己資本比率は下がると指摘。ただ「いずれの業態も平均的には規制水準を上回る水準を確保する」と説明した。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR