ロシア大統領に直接抗議

 【モスクワ共同】今年のノーベル平和賞の受賞が決まったロシアの独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」のドミトリー・ムラトフ編集長は21日、南部ソチで行われた会合でプーチン大統領に対し、ロシアでメディアが活動を制限されているとして直接抗議した。プーチン氏は「個人の意見を持つことを禁止しているわけではない」と反発した。国営テレビが中継した。

 ロシアでは政権に批判的なメディアを、スパイと同義の「外国の代理人」に指定する動きが強まっている。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR