「黒い雨」支援する会発足

 広島原爆の「黒い雨」訴訟を支援する会は24日、広島市内で総会を開き、原告が勝訴し全員が被爆者健康手帳を受け取ったことを受け、新たに「原爆『黒い雨』被害者を支援する会」に発展解消することを決めた。県によると、被害を受けたが手帳を持たない生存者は推定1万3千人。こうした人たちの救済を目指す。原告団も解散した。

 弁護団の竹森雅泰弁護士は、提訴時の目的だった「被爆区域や健康診断特例区域の実質的拡大」を達成できたと評価。今後、地域ごとに相談員チームを編成し、手帳申請手続きを支援する。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR