コロナ禍でクラウドファンディングに取り組む第一次産業従事者を支援!株式会社ベンナーズが株式会社キャンプファイヤーとパートナー契約を締結。

食の三方よし「作り手、使い手、社会を豊かにすること」を目指している株式会社ベンナーズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井口剛志)は、クラウドファンディングの支援事業へ参入したことをお知らせします。



第一次産業の活性化を考えている株式会社ベンナーズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井口剛志)は、国内最大のクラウドファンディングプラットフォームの運営をする株式会社キャンプファイヤーとパートナー契約を締結しました。
その第一号プロジェクトとして、一般社団法人シーソンズが取り組む漁師が海を綺麗にする持続可能で新たな仕組みを作るためのクラウドファンディング実施を支援していきます。

■クラウドファンディング支援事業参入への背景
株式会社ベンナーズは、食の三方良し「作り手、使い手、社会を豊かにすること」を目的に、未利用魚を活用したお魚のサブスクリプションサービス「Fishlle!(以下:フィシュル)」を運営しています。

フィシュル通販サイト:
https://fishlle.com/lp?u=1

新たな生活様式に対応したお魚ミールパックを普及させることにより衰退の一途をたどる日本の魚食文化の再建を目指しながら、味には関係の無い理由で規格外とされる「未利用魚」を積極的に利用する事で、魚のフードロス削減と漁業者の収入の底上げとを図り、「SDGs12条」「SDGs14条」への貢献を目指しています。

※未利用魚: 十分な水揚げ量が無かったり、形が悪かったり傷がついていたり等の理由で価値が付かず、流通される前段階で通常の流通に乗らなくなってしまった魚のこと。総水揚げ量の約30~40%が未利用魚とされています。

私達は食の三方良しを実現し、未利用魚を含めた全ての魚を大切にしていくと共に、フィシュルに関わってくださっているサポーター、企業様、生産者さん達をパートナーだと考え、日々、サービスの向上に努めています。

そんな中、現在日本では年間2万トン~6万トンのプラスチックゴミが海に放出されていると言われています。このままのペースで増え続けると2050年には魚よりもゴミのほうが多くなると言われています。実際に日々海で漁をしている漁師にとってももちろんですが、全人類にとっても非常に深刻な問題です。SDGs14条にもある通り、豊かな海を守ることは全人類の最優先課題です。この問題を少しでも解決していかなければ豊かな海を守ることはもちろん、美味しいお魚がご家庭に並ばなくなる未来もそう遠くはないです。このような問題に立ち向かっている方達を支援させて頂くことが弊社の掲げている食の三方良し実現への足掛かりとなっていけばと考えております。

具体的な支援内容としてはクラウドファンディング実施内容のプランニング・ページ作成、クラウドファンディング上での窓口対応を行います。



■一般社団法人シーソンズとは
一般社団法人シーゾンズは持続可能な漁業の推進と海の環境保全を目的とした福岡県宗像市の漁師・海人主導の団体です。シーソンズではこれまで水産資源を育てるために漁を自粛し、その時間で海洋ゴミの回収を行ったり、乗組員と共に料理教室やイベントを開いたり、啓蒙活動を行っている一般社団法人です。シーソンズはSDGs14条にもある通り、豊かな海を守ることは全人類の最優先課題と考えており、これから先の未来にも綺麗な海を残すために発足しました。

~クラウドファンディング概要~
・プロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/view/493926?fbclid=IwAR3xM-0KKAk_EQQP9kcWF74kJBfU-3IvnmxTq7AnlNUFo9Jj2Lmi3XRzytE
・期間:2021年10月29日(金)12時00分~2021年12月15日(水)23時59分まで
※数量限定リターンもございますので、お早めにお求め下さい!


■報道関係者お問い合わせ先
株式会社ベンナーズ 長谷川
メールアドレス:l-hasegawa@benners.co.jp

■株式会社ベンナーズ 企業概要
社名:株式会社ベンナーズ
所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号203号室
代表者:井口 剛志
事業内容:お魚サブスクフィシュル、魚のフードロス削減のためのプラットフォーム事業、卸売業
代表者電話番号:092-692-2033
メールアドレス:info@benners.co.jp
URL: https://www.benners.co.jp
https://fishlle.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR