選挙に行く動機づけ 社会に回路の構築を 【中島岳志さん寄稿】

 衆議院選挙の投開票日が近づいている。コロナ危機の中、私たちは命や暮らしが政治と直結していることを経験してきた。しかし、選挙への関心はそれほど高まっていない。むしろ、各種の調査を見ていると、今回の総選挙に「必ず行く」と答えた人は、前回の衆議院選挙よりも下がっている。ちなみに前回の投...

残り 1603文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR