公明の山口代表、麻生氏へ苦言

 公明党の山口那津男代表は27日、「温暖化のおかげで北海道のコメがうまくなった」との麻生太郎自民党副総裁の発言に苦言を呈した。仙台市での街頭演説で「農家の苦労に敬意を表し、愛情を示すのが政治家の務めだ」と述べた。立憲民主党などの野党も批判を強めた。

 山口氏は「農家が品種改良や水の管理、土壌の管理にいろいろ努力してきた。その結晶がおいしいお米になった」と強調した。

 立民の枝野幸男代表は宇都宮市で街頭演説し「麻生氏がまた暴言を吐いている。農業や水産業など多くの皆さんが温暖化で苦労しているのに、何を言っているんだ」と非難した。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR