JR熊本駅ビルがグッドデザイン賞を受賞しました!

この度、JR熊本駅ビル(アミュプラザくまもと)が公益財団法人日本デザイン振興会による「2021年度グッドデザイン賞」を受賞致しましたので、ご報告致します。



JR熊本駅ビル外観


ぼうけんの杜(水と緑の立体庭園)

共同受賞企業
九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県、代表取締役社長執行役員:青柳 俊彦)
株式会社JR熊本シティ(本社:熊本県、代表取締役社長:山下 信二)
株式会社日建設計(本社:東京都、代表取締役社長:大松 敦)

審査委員の評価
複合商業施設として一般に類を見ない規模で水や植物といった自然を用いた立体庭園がダイナミックに計画、実現されておりプロジェクトに対する熱量を感じた。県外からの来訪者には自然豊かな「熊本らしさ」を。また、地元住民にとっては「住みたい・働きたい」と思える場を。それらがうまく混ざりあうことで”一つの街”とも言える環境を目指している点が素晴らしい。街への思いが集結したこの施設は、熊本を訪れた人の滞在への期待度を高め、駅ビルという場所を通過点ではなく、とどまりたくなる場所として感覚に訴えかける場となっており評価した。

グッドデザイン賞とは
1957 年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称G マーク制度)」を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。

JR熊本駅ビルの概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR