JR東海、2年連続赤字へ

 JR東海は27日、2022年3月期の連結業績予想を引き下げ、純損益が150億円の黒字から300億円の赤字(前期は2015億円の赤字)に転落するとの見通しを発表した。通期の純損失は2年連続。新型コロナウイルス感染拡大によって外出を控える動きが続き、旅客需要の回復が想定よりも遅れた。

 売上高も1兆1150億円から1兆80億円に下方修正した。緊急事態宣言の期間が延長されたことで、主力の東海道新幹線の利用が低迷。百貨店やホテルなども振るわなかった。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR