川崎は大分と準決勝

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は27日、川崎市等々力陸上競技場などで準々決勝4試合が行われ、準決勝(12月12日)の組み合わせは川崎―大分、浦和―C大阪に決まった。

 2連覇を狙う川崎は脇坂のゴールなどで鹿島に3―1で快勝した。大分はJ2で唯一勝ち残った磐田を2―0で下して初の4強入り。C大阪は名古屋を3―0と圧倒し、浦和はG大阪に2―0で勝った。

 決勝は12月19日に国立競技場で行われる。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR