車いすバスケ「パリで金目指す」

 日本車いすバスケットボール連盟は28日、2024年パリ・パラリンピックに向けた日本代表の強化体制についての記者会見をオンライン形式で行い、東京パラリンピックで史上初の銀メダルを獲得した男子の京谷和幸ヘッドコーチは「これから、われわれの力が試される。常に世界でトップ5に入る力をつけ、パリでは金メダルを目指す」と意気込みを示した。

 東京大会ではフリースローの成功率が12チームで最下位だった点に触れ「徹底して課題を克服したい」と語った。東京大会でMVPを獲得した鳥海連志(パラ神奈川SC)には「まだまだ伸びしろがある」と期待を込めた。

PR

PR