藤城清治 光と影の世界展 5月11日まで

斬新な展示が楽しめる藤城展の会場 拡大

斬新な展示が楽しめる藤城展の会場

■福岡市博物館 創作70年を集大成
 
 影絵作家、藤城清治さん(89)の70年に及ぶ創作の軌跡を紹介する特別展「藤城清治 光と影の世界展」が5月11日まで、福岡市早良区の同市博物館で開かれている。

 藤城さんの同市での本格的な展覧会は初めて。会場には本展のために制作した福岡を描いた作品など約300点が並ぶ。

 人形と影絵の劇団「ジュヌ・パントル」(後の木馬座)を主宰していた藤城さんだけに、水や鏡を使った「劇場型」の斬新な展示手法に驚かされる。影絵劇の上演もあり、家族で楽しめる。

 会期中、藤城さんのサイン会など多彩な関連イベントを予定。詳細は同展公式ホームページ=http://fujishiro-fk.jp=を参照。

 入場料は一般1400円、高校・大学生800円、小・中学生500円。月曜休館。5月5日は開館し同7日休館。

 問い合わせは同博物館=092(845)5011。


=2014/04/15付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ