中日、立浪和義氏が監督就任

 プロ野球中日の新監督に、球団OBの立浪和義氏(52)が就任することが29日、決まった。球団からの正式な就任要請に対して「全力で頑張ります」と受諾した。今季は打線の不振で5位に終わり「ミスタードラゴンズ」に再建を託すことになった。

 名古屋市内での記者会見では「与えられた使命はとにかくチームを強くすること。勝つ野球をするために妥協はしない」と抱負を述べた。

 立浪氏は1988年に大阪・PL学園高からドラフト1位で中日に入団。1年目からレギュラーに定着し、セ・リーグの新人王に輝いた。通算2480安打は球団最多、プロ野球歴代では8位で、内野手としてチームを支えた。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR