傘下ファンドが日本初投資

 ソフトバンクグループ(SBG)傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドが、神奈川県藤沢市のバイオベンチャー、アキュリスファーマに出資したことが29日、分かった。日本企業への投資は初めて。

 ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、先端技術を使って革新的なサービスを生み出す欧米や中国などの新興企業を対象に、累計で1千億ドル(11兆3千億円)超を投資している。日本への投資が増えれば、国内でベンチャー企業が育つ転機となる可能性がある。

 アキュリスファーマは今年1月に設立。製薬会社ノバルティスファーマの社長を務めた綱場一成氏が社長に就いた。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR