医療デジタル化20万カ所に

 経済界や医療団体などが連携して健康づくりを進める「日本健康会議」は29日、オンラインで会合を開き「デジタル技術を活用した予防・健康づくりに取り組む医療機関・薬局を20万施設以上にする」など、2025年までに実現を目指す五つの目標を発表した。

 同会議は、健康寿命の延伸や医療費抑制を目指して15年に発足。日本商工会議所の三村明夫会頭や、日本医師会の中川俊男会長らが共同代表を務めている。

 デジタル技術の活用では、健康保険証の代わりに使うマイナンバーカードの読み取り機を導入することを目標の達成要件としており、オンライン診療の普及などにも取り組む。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR