大量の軽石漂着で関係省庁会議

 松野博一官房長官は29日、小笠原諸島の海底火山噴火で発生したとみられる大量の軽石が沖縄県や鹿児島県の海岸に漂着している問題を受け、28日と29日に関係省庁対策会議を開いたと明らかにした。ただ28日の開催は伏せていた。岸田文雄首相が29日、衆院選のため鹿児島県入りを予定しており、街頭演説での発表に合わせたとみられる。

 松野氏は官邸で記者団に「政府として軽石回収や船舶の安全確保、漁業被害の支援で万全の対策を取る」と強調。29日の会議で地元と連携しながら対応するよう指示したと説明した。

関連記事

PR

PR