京葉線新駅は「幕張豊砂」

 JR東日本千葉支社は29日、2023年春に京葉線新習志野―海浜幕張間に開業する新駅(千葉市美浜区)の名称を「幕張豊砂」に決定したと発表した。今年6月に公募していた。JR東日本が公募で駅名を決めるのは、昨年3月に開業した山手線「高輪ゲートウェイ」駅以来2駅目。

 公募は千葉市在住など地域に関わりのある人を対象に実施。応募総数約1万4700件、約4370種類の中から社内会議を経て決定した。最も多かったのは「幕張新都心」で「幕張豊砂」は13番目だった。

 同社は選定理由について、「古くからの地域名『幕張』に、駅が位置する地名の『豊砂』を加えた」としている。

PR

PR