軽石、11月末に関東到達か

 海洋研究開発機構のチームは29日までに、小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で生じた軽石が、11月末ごろに千葉県や神奈川県など関東地方の沖合に到達するとの予測をまとめた。スーパーコンピューターを使ってシミュレーションした。漂流中に沈む場合があり、どの程度の量が来るかは不明という。

 岸に漂着するかどうかは、波や風などの影響も考慮する必要があり、今回は解明できていない。チームの美山透主任研究員(海洋物理学)は「実際の観測データと突き合わせ、事前の対策の検討に活用してほしい」と話している。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR