オリックス山本が投手4冠

 パ・リーグは30日、レギュラーシーズンの全日程が終了して個人タイトルが確定し、山本(オリックス)が18勝、防御率1・39、206奪三振、勝率7割8分3厘と投手の主要なタイトルを独占した。最多勝と13勝以上を挙げた投手が対象となる勝率第1位は初、最優秀防御率は2年ぶり2度目、最多奪三振は2年連続2度目の獲得となった。

 吉田正(オリックス)は3割3分9厘で2年連続の首位打者と4割2分9厘で初の最高出塁率を手にした。本塁打王に杉本(オリックス)が32本で、打点王に島内(楽天)が96打点で初めて輝いた。

 36歳の荻野(ロッテ)は169安打で最多安打を獲得した。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR