上海で佐賀県の魅力をPR

 【上海共同】佐賀県観光連盟は30日、県の魅力をPRするイベントを中国上海市のジャズクラブ「ブルーノート上海」で開いた。観光業に携わる中国人ら約80人を招待。県特産の日本酒を振る舞ったほか、オンラインでつないだ有名観光地を紹介し、新型コロナウイルス感染症の収束を見据えて誘客促進を図った。

 公益財団法人「さが県産品流通デザイン公社」と共催した。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」で、県内の酒蔵や、嬉野温泉の老舗旅館の客室などを紹介。300年以上の歴史があり、公開日が限られる孔子廟「多久聖廟」の本殿も特別にお披露目した。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR