米中、意思疎通維持を確認

 【ローマ共同】ブリンケン米国務長官と中国の王毅国務委員兼外相は10月31日、訪問先のローマで会談した。米中両政府によると、意思疎通の維持が最重要だとの認識で一致した。台湾問題ではブリンケン氏が中国の行動を批判し、王氏は「いったん処理を誤れば、中米関係に全面的な破壊をもたらす」と警告。双方の溝は埋まらなかった。

 ブリンケン氏は激しい米中競争を責任を持って管理したいと表明。王氏も「双方は対立を避けなければならない」と述べた。

 米中は年内にバイデン米大統領と中国の習近平国家主席のオンライン首脳会談を予定しており、地ならしを進めた。

PR

PR