自民、支持層の一部が離反

 出口調査によると、自民党には比例代表で支持層の77%が投票したものの、大勝した近年の衆院選の水準を下回り、一部支持者の離反が浮き彫りとなった。公明党は支持層の92%を固めたほか、立憲民主党など大半の野党は支持層を手堅くまとめた。

 自民は前回17年衆院選では支持層の82%の投票を得た。今回は支持層のうち公明と日本維新の会にそれぞれ6%、立民にも4%が流れた。

 立民は支持層の85%を固める一方、小選挙区で協力を進めた共産党に4%、れいわ新選組に2%が入れたほか、維新にも2%が流れた。共産も89%を固めたが、支持層の3%は立民に、2%がれいわに投票した。

PR

PR