「おかえりモネ」16・3%

 10月30日に放送終了したNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(全120回)の期間平均世帯視聴率は関東地区で16・3%、関西地区で14・2%だったことが1日、ビデオリサーチの調査(速報値)で分かった。主な舞台となった仙台地区は19・6%。

 「おかえりモネ」は、宮城県気仙沼市の島で生まれ育った女性が、東日本大震災を経て、天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長する物語。清原果耶さんが主人公の永浦百音を演じた。

 10月29日の最終回は、関東が16・0%、関西が13・9%、仙台は19・7%だった。

PR

PR