沖縄知事、辺野古反対民意ぶれず

 沖縄県の玉城デニー知事は1日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古を抱える沖縄3区で、自身が支援する移設反対の候補が衆院選で落選したことを受け、移設に関する民意について見解を問われ「(反対に)ぶれはない」と述べた。県庁で報道陣の取材に応じた。

 玉城氏は、新型コロナウイルス禍で、有権者は経済対策への関心が高かったと指摘した。「普天間の一日も早い危険性除去を考えると、辺野古の移設では負担軽減にならないと多くの県民がしっかり声に上げている」と強調。岸田文雄首相に面談を求め、辺野古移設を中止するよう訴える考えを示した。

関連記事

PR

PR