小沢氏陣営「事実受け止める」

 岩手3区で敗北、比例復活での18選となった立憲民主党の小沢一郎氏は1日午前、公に姿を見せなかった。代わって記者団の取材に応じた陣営幹部は、岩手県奥州市で「事実として、しっかり受け止めている」と話した。「いずれ本人が発言する場があるだろう」とも説明した。

 選対の総括責任者を務めた千葉龍二郎氏(78)は「選挙区で負けるとは…」と衝撃を隠せず、敗因も「分からない」。相手の自民党候補が「世代交代」を掲げたことに触れ「若者層の票が足りなかった気がする」と分析した。

 「今後どう巻き返すか期待している」と自身に言い聞かせるように話した。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR