投票率55・93%で確定 総務省発表 戦後3番目に低く

 総務省は1日、衆院選の投票率が小選挙区55・93%、比例代表55・92%で確定したと発表した。2017年の前回衆院選(小選挙区、比例代表とも53・68%)を小選挙区で2・25ポイント上回ったが、戦後3番目に低い水準。4回連続で50%台となった。...

残り 395文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR