三菱電機、テレビ撤退検討

 三菱電機は1日、液晶テレビ事業を縮小すると発表した。中国や韓国勢との競争が激しく、採算が厳しくなっていた。量販店への出荷を9月に終了し、将来的には撤退も含めて検討する。エアコンなど空調冷熱システムといった重点分野に経営資源を振り向け、収益力強化を図る構えだ。

 三菱電機は「REAL(リアル)」ブランドで販売。同社製品を中心に販売する地域家電店「三菱電機ストア」への出荷は24年3月まで続け、その後については慎重に検討する。

 テレビはタイの工場で生産。設計や開発を担う京都製作所(京都府)に関しては、組織改編を行う方針で「人員削減は考えていない」としている。

PR

PR