中国の10月景況感、内需回復

 【北京共同】英調査会社IHSマークイットは1日、中国の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が10月は50・6だったと発表した。前月から0・6ポイント上昇し、好不況を判断する節目の50を上回った。2カ月連続の上昇で、内需が回復したとしている。中国当局が10月31日に発表した同PMIは49・2と減速感が鮮明で、判断が分かれた。

 マークイットも当局と同様に、中国各地で続く停電や国際的な原材料価格の高騰により、企業の生産コストの増加が著しいと警鐘を鳴らした。海運が滞り、輸出向け新規受注も苦戦している。企業の先行きに対する自信もやや落ちているという。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR