本格米焼酎「白岳」の高橋酒造。五木の子守唄をモチーフにした甕(かめ)貯蔵の古酒「KOMORIUTA」を全国エリアで販売開始

年間数量限定商品として、本格焼酎の日(11月1日)より順次出荷
高橋酒造株式会社(熊本県人吉市)は、観光蔵「球磨焼酎ミュージアム白岳伝承蔵」と自社ECサイト限定で発売していた古酒「KOMORIUTA」を全国エリアに開放いたします。

高橋酒造唯一の甕(かめ)貯蔵商品 古酒「KOMORIUTA」

焼酎の貯蔵期間は一般的に3ヶ月未満ですが、3年以上熟成させたものを「古酒」と呼びます。古酒「KOMORIUTA」は五百年の歴史を持つ球磨焼酎を昔ながらの甕(かめ)貯蔵にこだわり、3年以上熟成させた本格米焼酎。甕貯蔵ならではの風味と熟成の旨味、上質なまろやかさを楽しんでいただける一本です。

人吉球磨地方に伝わる五木の子守唄をモチーフにデザインされた「KOMORIUTA」。ボトルや化粧箱にグランドピアノをイメージしたカラーリングや音譜記号を取り入れることで、郷愁を呼び起こす子守唄の響きとともに甕貯蔵特有の高級感溢れる味わいを表現しました。
古酒「KOMORIUTA」のおすすめの楽しみ方

「KOMORIUTA」はアルコール度数が30度と比較的高めのため、飲み方によって異なる魅力が引き出される本格米焼酎です。まずはストレートでお米のほのかな甘みを味わった後に、オンザロックで香りを楽しんでください。最後にお湯割りで上質なまろやかさを体験していただくことで、古酒「KOMORIUTA」の魅力がくまなく感じられると思います。

また、社内で美味しいという声が多数上がったのが、「ソーダ割り」。
サッパリしたソーダの飲み口の中に、「KOMORIUTA」の持つ米の旨味が広がって濃厚なハイボールを楽しむことが出来る組み合わせです。ぜひ一度お試しくださいませ。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR