朝ドラ、初回視聴率16・4%

 1日に放送が始まったNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の初回視聴率は、関東地区で16・4%、関西地区が15・6%だったことが2日、ビデオリサーチの調査(速報値)で分かった。序盤の舞台となる岡山を含む岡山・香川地区は14・1%。

 初回視聴率は前作「おかえりモネ」の関東地区(19・2%)、関西地区(18・7%)を下回り、低調な出だしとなった。

 「カムカムエヴリバディ」はラジオ英語講座とともに歩んだ3世代の女性を描く100年の物語。3人のヒロインを上白石萌音さん(23)、深津絵里さん(48)、川栄李奈さん(26)が演じる。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR