バイデン氏が居眠り?

 【グラスゴー共同】英北部グラスゴーで1日に行われた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で、バイデン米大統領(78)が居眠りしているようにも見える場面の映像がツイッターで広がり、インターネット上で批判を呼んでいる。

 映像には人権活動家のスピーチが続く中、バイデン氏が目を閉じたり開けたりした後、20秒ほど目を閉じる姿が捉えられている。側近に話し掛けられて目を開けたバイデン氏は、スピーチが終わると拍手を送った。

 ネット上では「自分がどこにいて、何をしているのか分かっているのか」などの声が上がった。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR