ベゾス氏、2千億円拠出へ

 【グラスゴー共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏は2日、自然の回復と食料システムの変革を支援するため、私財で設置した気候変動対策の基金から20億ドル(2200億円超)を拠出すると表明した。英グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で演説した。

 ベゾス氏は今年7月、自身が創業した米宇宙企業の宇宙船で有人飛行を経験。英メディアによると、宇宙開発に投じた資金を気候変動対策のために使うべきとの批判が出ていた。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR