被災地福島からJ3へ

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県沿岸部を本拠とするサッカーチーム、いわきFCは3日、Jヴィレッジスタジアム(同県広野町)で行われた日本フットボールリーグ(JFL)第29節で勝利し、来季のJ3参入を確実にした。

 前節終了時で2位のいわきFCは、同16位の東京武蔵野ユナイテッドFCを3―1で下し、5試合を残して「JFL全体で4位以内」「Jリーグ百年構想クラブの2位以内」の条件をクリア。25日開催予定のJリーグ理事会での承認を経て昇格が正式決定する。

PR

PR