首相と日銀総裁が会談

 岸田文雄首相と日銀の黒田東彦総裁は4日、首相官邸で会談した。黒田氏は会談後、記者団の取材に応じ、首相とは国内外の経済金融情勢について意見交換し、黒田氏は日銀の金融政策に関して説明したという。岸田氏が首相に就任して以降、公式に会談するのは初めて。

 黒田氏は記者団に、米連邦準備制度理事会による量的金融緩和縮小の開始決定に関し、金融政策運営を巡る環境は「欧米と日本の状況は少し異なる」と述べた。日銀として大規模な金融緩和を新型コロナの感染が収束した後も続ける考えを改めて強調した。

 黒田氏は2日、鈴木俊一財務相と山際大志郎経済再生担当相とも東京都内で会談した。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR