立民代表選、共産党との共闘争点

 立憲民主党の枝野幸男代表の辞意表明に伴う代表選で、衆院選の敗北を巡り、共産などとの野党共闘の是非が争点になってきた。代表選への立候補が取り沙汰される泉健太政調会長は4日、「衆院選結果を踏まえ、再検討するのは当然だ」と述べた。出馬に意欲を示す小川淳也元総務政務官は、記者団から見解を問われ「一拍置いて熟慮させてほしい」と国会内で答えた。

 泉氏は、自身の代表選への対応について「ニュートラルだ」と記者団に語った。小川氏は、枝野氏に関し「リベラルの立ち位置を守り、3度にわたる国政選挙で陣頭指揮を執った」と評価。「次世代として何ができるか、熟慮したい」とした。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR